2018年07月16日

この連休2日間はタングラボ社の講習会に参加

492D1B32-959D-4CFD-BDA7-6A8FA67999F6.jpg9563C236-94CF-42AD-ADAD-806DBADAB226.jpg1FC2BD96-E4CD-4918-9ED6-B33B1AF5CEFD.jpg7A8E60D9-0B1B-4484-BA84-920158797261.jpg口腔筋機能訓練特に舌の訓練の講習会に2日間参加してきました。
事前に自分の歯型を取って技工じょで装置を作成してもらってました。
最初に舌の解剖学や働きを勉強し1日目の終わりに装置の装置や使い方を聞いて
2日は装着後の感想、症例による対応方を学びました。
装着した私の感想ですが
装着出来るのか不安でしたが
問題なくなられました。朝起きた時も口の中にありました。
何時もは真夜中に一回はトイレに起きていたのが朝まで起きないで寝れました。
起きた時の頭は爽快、鼻の通りも良くいい感じでした。昼になっても眠さはなく快調。
イビキはまだ少しあるようでしたが音が低くなったようです。
まだまだ調整して睡眠の状態をみたいと思います。この装置は無呼吸症候群の人にいい成績を出しているようです。それと矯正治療の後戻りの予防
口呼吸の矯正で鼻呼吸に変える働き、これによりアレルギーの改善や風邪の予防などがあるようです。また歯軋りの予防などがあります。
良い睡眠を得られる事は万病の予防になります。
良い眠りは呼吸に関係し呼吸は口、
特に舌のポジションに関係します。睡眠には口が関係し歯科医師が1番関わらないといけない仕事だと思いました。
講師はフランス人のVanpoulleとMauclaireさんです

posted by キャビネ・ラピヌー at 21:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント