2016年11月13日

スタッフと一緒に摂食嚥下の勉強会

今日は東京臨床小児歯科研究会の勉強にスタッフ全員で行って来ました。
子供達の数%に摂食嚥下に問題が有ります。早くの診断とリカバーでその後が違って来ます。
私達臨床家が知識を持っていれば少しでも見過ごしを食い止めることが出来るのではと思ってます。
これからの診療所の目標です。
摂食嚥下は老人介護にも大切な事で今後の老齢化に伴うマストな学びです。
8016617C-7D51-4442-86F6-2EBA143B507E.jpg
今回の講師の弘中先生(昭和大学歯学部口腔衛生学教授)
とお友達の台湾小児歯科学会常務理事のアリシア先生と鏡先生です。
E9BFB2FD-AA44-4048-B929-653A12119FEA.jpg
posted by キャビネ・ラピヌー at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック